2018年04月22日

住み慣れた我が家に(ラスト)

 双方が持ち家であるケースも時々あります。
 『住み慣れた我が家に(4)』の続きです。

 結婚を意識した二人共が持ち家の場合は、こんな風に歩み寄っていますという実例をご紹介します笑顔05.gif
 参考にして頂けたら幸いです。

 ・どちらか一方を売却

 二人の勤務地等も考慮して、どちらかを手放して一緒に暮らします家02.gif
 このパターンを選択するケースが一番多いように思います笑顔02.gif

 ・どちらか一方に住み片方を賃貸として貸し出す

 物件によっては、こういったやり方もありますよね。
 ローンが終われば副収入にもなりますしね。

 ・両方を売却し新たに住まいを探す

 これも一つの選択肢だと思います。
 売却は時間が掛かる事もあるので臨機応変にしなければいけない事もありますが、二人が気に入った物件を探すのは楽しいと思いますやった09.gif

 何れの方法を選ぶにしても、とにかく相手の気持ちに寄り添いながら話しを進めていってくださいやった04.gif

 それと、以前知り合いの会計士さんに聞いた話しですが、家を手放さなくてはならなくなったご夫婦の場合、最後まで反対するのはほとんど女性の方らしいです。
 そういった事も踏まえながら、優しい結論を出して幸せな結婚生活を始めてくださいやった06.gif


〜初めてお見合いをする方におすすめの結婚相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
まずは婚活のご相談から始めませんか?メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてという方やひとり親の再婚活にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月27,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月450名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 婚活サポート(交友・交際編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183048754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック