2016年03月17日

お相手に望む年収額が下がってきた?(前編)

 生きていく上で、どうしても必要になるのはお金ですお金01.gif
 結婚相手の収入を気にしない人もいれば、譲れない最低ラインを決める人もいます。
 これに関しての考え方は本当に千差万別で、正解というものは存在しません

 収入を気にしない人でも、同一人物で年収300万バージョンと年収1,000万バージョンが選べるのなら、ほぼ100%後者の方が選ばれます。

 でも、そこに一つ条件が加わるだけで一気に意見が割れます。
 ※ただし、年収1,000万バージョンは多忙の為、月に3日しか一緒に過ごせません。
 こんな一文が付くと様々な意見が出てきて、バラつきが出てきます。

 「月に3日しか一緒にいられないんだったら結婚する意味が無い。」

 「月に3日一緒にいるだけで、1,000万も持って帰ってきてくれるなんて最高。」

 「今は300万でもこれから増えるかもしれないし、長く一緒にいられる方が良い。」

 「結婚は綺麗ごとじゃない。子供ができたらお金も掛かるし、多いに越したことはない。」

 「共働きすれば世帯収入は500万にはなるし、それで十分。」

 「沢山貯金して老後に長く一緒にいればいいじゃん。」

 「そんなに激務で、万が一倒れたら1,000万どころか0になるかもしれない。」

 「激務じゃなくても病に倒れることはあるし、だったら貯金をしておいて万一に備えたい。」

 パッと浮かぶだけでも、これだけの意見があります。
 でも、同一人物を選ぶのですから、どちらを選んでも正解も失敗もありませんよね?
 現実にはバージョン違いなんてありえませんけどあせり05.gif
 でも、それくらい個人個人で意見の分かれる所ですし、正解を決めるのは困難な問題だったりします。

 昔は男性の収入だけが気にされていましたが、今は女性の収入も重要な時代になってますよね。
 あなたには譲れないラインはありますか?

 続きますバイバイ03.gif


〜東京都葛飾区にある結婚の可能性を上げる相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
婚活のご相談メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてと言う方にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月20,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月360名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 婚活サポート(総合編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174500471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック