2016年02月28日

髪結いの亭主(前編)

 ご存知の方もいるかと思いますが、古いフランス映画で「髪結いの亭主」って作品がありましたね。
 個人的にフランス映画って、理屈を当てはめて観ようとすると途端に意味不明になる印象です疑問02.gif
 この映画も、ただただ独特の世界観で男女の夫婦愛を描いた作品だったように思います。

 どうでも良いのですが、パッとこのタイトルを見た時に床屋の店主の話しかと思いましたが、実際は理容師をしている奥さんの亭主のお話しでした苦笑01.gif
 そして、「髪結いの亭主」っていわゆるヒモの旦那って意味があるみたいですね。
 この映画も、その亭主は仕事をしないで奥さんに養ってもらっていました。

 映画を観た事がない方の為に簡単なあらすじです。
 これから観ようと思っている方はネタバレ注意です。

 この亭主が少年時代に通っていた床屋があり、そこにはふくよかで煽情的な女性が切り盛りしていました。
 その女性に恋心に似た憧れを抱き、この少年の将来の夢は「髪結いの亭主になる事」に決まりました。
 簡単に夢が叶う事もなく、月日は流れ少年はいつしか中年に。
 そして、ついに理想的な若くて美しい髪結いがいる床屋を見つけるのです。
 客として接触し、すぐにプロポーズ。
 割りとあっさりOKをもらい結婚。
 この人の愛は本物って思ったからなのかなと思いつつ、イマイチ何でOKしたのか解らなかったので、この時点ではオッサンの妄想全開の映画かと思いました笑い02.gif

 ただ、二人は愛し合い、その日々は永遠に続くものと思われました。
 しかし、この奥さんは亭主に飽きられてしまう事に恐怖心を抱き始めるのです。
 そして、その恐怖心から愛されている喜びが絶頂の時に時間を止める行動に出てしまうのです。

 そう、奥さんは自殺してしまうのです。
 残された亭主は、いつか奥さんが帰ってくるのではないかと今日も床屋で待ち続ける・・・しょぼん03.gif

 何とも胸の苦しくなるお話しですよね。
 家族でも友人でもペットでも、愛する存在の命が絶えるというのは悲しい事です。
 そう考えると、この奥さんは余りにも身勝手だなと思ってしまいますが、”永遠”を求めたい気持ちは理解できなくもないです。
 まぁ、フィクションだから理解できますが、実際にそれをされたら怒って嫌いになるかもしれません。

 って、映画ブログでもないのに映画の感想で終わっちゃいました苦笑01.gif
 でも、もう少し続きますお礼01.gif


〜東京都葛飾区にある結婚の可能性を上げる相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
婚活のご相談メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてと言う方にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月20,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月350名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 婚活サポート(総合編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174235054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック