2016年01月28日

クロスロード〜偶然と必然が二人を繋ぐ〜(第二十七話)


 詩織「絵美ちゃん、セフレじゃなかった〜やった02.gif

 絵美「えっ、えっと、落ち着け慌てる02.gifいきなり、何さ!?」

 詩織は仕事の休憩時間に絵美を見つけ、カズがきちんと好きで向き合ってくれていた事を話した。

 絵美「でも、その彼も10年経ったとは言えセフレだったとは言えないんじゃない?」

 詩織「私が誤解していた事も一つ一つ説明してくれたし、私との思い出も私より沢山覚えてた。」

 絵美「そうなの?じゃあ、詩織ちゃんお得意の思い込みだったって事?」

 詩織「うっ、得意って言わないで泣く03.gif

 絵美「でも、誤解が解けて良かったね笑顔01.gif

 詩織「うん、今更と言えば今更なんだけどね・・・。ひどい事しちゃったのは事実だし。」

 時間が空くと詩織はメッセージを送り、カズもまたそれに返事をしてくれていた。
 かつての二人のように・・・。

 詩織「フェードアウトしちゃったのに、よく返事する気になったね。」

 カズ「極悪非道な事はされたけど、嫌いになって別れた訳じゃないからね。返事くらいするさ。でも、勝手に俺の幻影と戦って消えたんだから反省しなさい。で、誠意って何かね?お金01.gif

 詩織「はい、反省します。あぁ、そうなのかー、、、。まぁ、もう仕方ないけど。そういえば、昔もこんな風に私が何かすると、追い詰められてた笑い02.gif

 カズ「追い詰めるなんて失礼な。ただ、正論を語ってるだけさやった04.gifでも、この感じ懐かしい笑顔07.gifで、誠意・・・お金01.gif

 詩織「ホントに懐かしい、いつもこんな感じだった照れる02.gif正論言われて、最後は私が何も言えなくなる笑い01.gif

 カズ「誠意〜怒り06.gif

 話したい事、聞きたい事は山ほどあり、長文のメッセージが行ったり来たりしていた。


 第二十八話登場人物

 詩織 看護師をしている三十代半ばの女性。責任感はあり頑張り屋ではあるが、寂しがり屋で優柔不断な所も目立つ。自分に自信が無く押しに弱い。雅紀と結婚するも家庭内別居状態。

 玲子 詩織の元同僚で、4つ上の先輩。職場が変わっても付き合いは変わらず、常に詩織の味方でいてくれる大切な親友。

 雅紀 バーで知り合った詩織と同い年の男性。話しが上手く、気前が良いがお調子者。詩織と結婚したが家庭内別居状態。

 絵美 詩織の同僚で、3つ下の後輩。しっかりしていて、年下ながら詩織の良き相談相手。

 カズ 詩織の8歳上の元カレ。大好きだったが、詩織を好きなのか自信が持てずにフェードアウトして自然消滅。


〜東京都葛飾区にある結婚の可能性を上げる相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
婚活のご相談メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてと言う方にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月20,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月350名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172843627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック