2015年03月09日

結婚相談所物語(15)〜人生初お見合い〜


 「村山 篤・37歳・男・ソフトウェア会社勤務」

 一つ年下の女教師島田さんと人生初のお見合いが決まった篤。
 奇妙な緊張感の中、当日を迎えるあせり03.gif

 迷ったり電車が遅れた時の為に早めに着くようにしたが、約束の14時まであと35分もある。
 さすがに早く着き過ぎたかあせり03.gif
 こんな事なら、カウンセラーさんの「初のお見合いなので緊張するようでしたら付き添いましょうか?」と言う言葉に甘えても良かったかも。
 でも、男2人で待ってるのも微妙かあせり01.gif

 しかも、フロント前って結構狭くて何かそこにずっといるのも気まずくて、少し離れた入口が見える場所に立って待っていることにしたペット01.gif
 15分ほどボーっと立っていたら、フロントの反対側の通路から急に声を掛けられた。
 予想外だった為、一気にテンパってしまったが咄嗟に「し、島田さんですか?」と声を発することができたカッコつけ02.gif

 「いえ、違います。」
 確かにプロフィールの写真とは全然違う方だった。
 どうやら、その女性もお見合いで人違いをして声を掛けてきたようだった苦笑01.gif
 確かに、写真1枚で相手を探すのって大変だよな。
 後でカウンセラーさんに聞いたら時々人違いはあるようだった。

 そうこうしているうちに、今度こそ島田さんらしき人が歩いてきた。

 篤「すみません、島田さんですか?」

 島田さん「あっ、はい」

 篤「初めまして、村山です。本日はどうぞよろしくお願いします。」

 何とか無難に挨拶できたが、緊張感はMAXで正直あまりよく覚えていないまいった04.gif
 そして、すぐ側にあるホテルのラウンジに入ることにした。

 篤「すみません、2名なのですが。」

 ウェイターさん「では、こちらへどうぞ。」

 その後をついていくと、ウェイターさんは椅子を引いてくれた。
 そして、ここで俺はやってしまった恐い01.gif
 その引いてくれた椅子に俺が反射的に座ってしまったのだ、本来は女性を座らせるべきなのに落ち込む01.gif
 こういう場所に来慣れていない反動がもろに出てしまった。
 しかも、そのことに気付いたのは帰りの電車の中だったので、もう取り返しもつかない悩む01.gif

 話しをお見合いに戻すが、時間にして一時間半くらいだったが色々な話しをしたと思う。
 和食が好きなこと、小学校の先生をしていること、新体操をやっていたこと、結婚を意識した切っ掛け、誕生日が近いことなどを聞くことができた。

 そして、頃合を見計らって店を出て、駅の改札辺りで別れた。
 帰りは何とも言えない疲労感に包まれ家路についた家02.gif

 こうして、何とか人生初のお見合いは終わったはぁ01.gif



 全てご覧頂きたい方はこちら。


〜東京都葛飾区にある結婚の可能性を上げる相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
婚活のご相談メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてと言う方にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月20,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月350名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 初めての結婚相談所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114821365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック