2015年02月23日

結婚相談所物語(1)〜結婚も悪くないな〜

 今日からしばらく結婚相談所への入会から退会までの流れをできる限り解りやすくお伝えしようかなと思います。
 ホームページにも流れは記載してありますので、そちらもご覧頂けたらと思いますパソコン04.gif

 当然の事ながら登場人物やエピソードはフィクションです。
 しかも、エル・エル・ブライダルにものすごく都合のよいフィクションです爆笑02.gif
 ただ、手続き等の流れは現実に即して書いていますので、他の相談所に登録を検討している人も参考にはなると思います笑顔01.gif

 では、始めます拍手02.gif


 「村山 篤・37歳・男・ソフトウェア会社勤務」

 きっかけは、些細なことだった。

 天気の良い休日天気01.gif
 菓子パンと缶コーヒーを買い、近所の公園のベンチで日向ぼっこをしながら遅めの朝食食べる01.gif
 独りだと何時に起きようが誰に迷惑が掛かる訳でもないので気楽なものだスキップ04.gif

 園内には幼い子供達を連れた数組の親子の姿が見える親子02.gif
 子供達は楽しそうに声をあげて走り回る。
 隣のベンチでは白髪の品の良い老夫婦がポツリポツリと会話をしながら、そんな様子を見守っているようだった。

 俺は周りの人々に特に興味を持つ訳でもなく、ただボーっと日頃の疲れを癒していた寝る03.gif
 (来週の納期、間に合うかな。)
 (あっ、あの本の最新刊。明後日発売日だ。忘れないようにしないと。)

 などと、取り留めのない事を考えていると隣の老夫婦は昼食の為に帰宅するのかベンチを立ち上がった。
 (普通はもう、お昼の時間だよな苦笑02.gif
 そんなことを思いながら何となく二人の背中を目で追っていた。
 おじいさんは少し先を歩き、おばあさんが2歩くらい離れて追っていく。
 (あの年代の人は亭主関白で、女の人は黙って付いていくって感じなのかもなぁ。)

 なんて、勝手な妄想を膨らませていると、おじいさんが振り向きおばあさんに手を差し出していた

 実はこの公園、砂が外に出ないように出口の少し前が縁石でほんの数cm高くなっているのだ。
 おばあさんは恥ずかしいような身振りをしながらも、嬉しそうにおじいさんの手を握り縁石を越え、二人はゆっくりと帰って行ったハート09.gif

 この光景を見た瞬間に、すごく心が温かくなったハート02.gif
 (じいさんカッコいいな!こんな夫婦にだったらなりたい。)

 37年間生きてきて、初めて結婚したいと思った篤であった。

 − 『結婚相談所物語(2)〜婚活の方法〜』へ続く −

 全てご覧頂きたい方はこちら。


〜東京都葛飾区にある結婚の可能性を上げる相談所〜
LoveLaughBridal(エル・エル・ブライダル)
婚活のご相談メール婚活相談(無料)←こちらで、いつでも受け付けております。

TEL 03-5876-5722 E-Mail love-laugh@ll-bridal.jp
日本結婚相談所連盟(IBJ)正規加盟相談所

初婚・再婚の方は月8,500円から婚活を始められます。
お見合いが初めてと言う方にもおすすめです。
シングルマザー(母子家庭)・シングルファーザー(父子家庭)の方は月6,500円で再婚活を始められます。
5,000円で結婚相談所お試し体験もできますので、ぜひご利用ください。
アラサー・アラフォー・それ以上の方も含め毎月20,000件以上のお見合いが成立しています。
そして、毎月350名前後の方がご成婚されています結婚01.gif
posted by LoveLaughBridal at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 初めての結婚相談所
この記事へのコメント
村山篤って(笑)
幸せになれるのかな?(笑)
Posted by 村山浩介 at 2015年02月23日 22:48
コメントありがとう。

まだ、結末は決まってないんだ(笑)
通勤時の暇つぶしにでも読んでよ。

あっ、結婚式の写真使わせてもらったよ。
新郎だけ目線おかしくなったけど…。
Posted by エル・エル・ブライダル at 2015年02月23日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114109767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック